日下 佳子
K(ケイ)
神戸松蔭女学院大学在学中にフランスに留学。以来フランスに魅了され、渡仏する度に蚤の市やセレクトショップを巡っている。
1.「ヴィンテージボタンをポイントにした、ポーチ作り」
2.「ヴィンテージ独特のかわいさや優しさが伝わるようにと、心を込めて製作しています」
3.「多くの女性に愛されるデザインを生み出していきたいです」
本田 宏治
GUM-A-MAMA LEATHERS KOBE
(ガム ア ママ レザーズ コウベ)
   
2007年の設立以来、神戸ファッション美術館での販売や、フランス国立装飾博物館での作品展示など、日本のみならず世界へと"神戸の物作り"を発信し続けている。
1.「リアル メイド イン 神戸」
2.「材料から製作まで、真実のメイド イン 神戸を貫く事」
3.「世界中の"何かいい物"を求めている方へガムアママの製品をお届けする事」
小堀 絵美
nayuta.(ナユタ)
 
バンタンデザイン研究所大阪校在学。「ドラフト!ZERO」の参加をきっかけに、「ドラフト!」へ応募。
1.「"ありのままの自分"でいられる服作り」
2.「オンタイムもオフタイムもいつもその人らしくいられるように、という事をイメージし、テキスタイルにもこだわっています」
3.「コレクションデザイナーを目指し、勉強中!」
清水 わかな
corioli(コリオリ)
「ドラフト!」の応募をきっかけに、「corioli」を設立。現在、京都川島テキスタイルスクール本科に在学中。学生生活の傍ら、製作活動に勤しんでいる。
1.「日本人に似合う、着ていて楽しい服作り」
2.「日本の技術を活かした、より良い物作りを目指しています」
3.「街に個性的でカラフルで楽しい生地が増えるような仕事をしたい」
吉国 裕昭
TUTUMU(ツツム)
鞄のOEM会社にて鞄作りを学んだ吉国裕昭と、アパレル会社に勤務していた妻・あゆみの2人で2007年「TUTUMU」を設立。神戸を拠点に展開中。
1.「『大切なものをつつむ』、バッグとウエアのブランド」
2.「長く大切に使い続けられる製品をモットーに、国産のオイルレザーなど素材の良さを最大限に活かしています」
3.「身に付ける事で毎日が少しでも楽しくなること!」
三上 亜希子
コトコ
2005年、ゆかたと和装小物のブランド「コトコ」を立ち上げる。2010年春からは受注生産のゆかたラインを発表予定。
1.「凜とした大人の自分へのご褒美がコンセプト。頑張った自分へのご褒美になるようなブランドを目指しています」
2.「日本の四季を映し出せるようなデザイン」
3.「ひとつひとつの事に丁寧に向き合っていきたいです」
駒井 梨沙
Lily White.(リリィー ホワイト)
京都精華大学大学院芸術研究科卒業。2008年より糸を使ったアクセサリー製作を始める。
1.「”ちょっとだけ特別”で、”小さな幸せがたくさん詰まっている”アクセサリー」
2.「軽くて柔らかく、肌触りのよい絹糸を使い、大ぶりながらも軽量なアクセサリーに仕上げています」
3.「デザイン性。素材、機能性をより高めていきたいです」
PREV 1 2 3 4 NEXT

produced by dream & more co,ltd. copyright © 2010 all rights reserved.