rumi
marups(マルプス)
デザイン事務所で働く傍ら、自己表現のための創作活動に奔走する日々。手書き、パソコンでのグラフィックアートを中心とした作品を制作しています。女の子のカワイイの究極を求め、おしゃれが楽しくなる、身につけるデザインを表現方法やジャンルに囚われずに展開。自分が感じたままに独自の世界観を素直に表現することを大切にし、手に取ってくれた人に何かしらの思いが届けばと願っています。
池本 進
EYL(イーワイエル)
Enjoy Your Lifeの頭文字を取りブランド名をEYLに。“日常のちょっとしたことに遊び心を”、“使うたびに楽しい気持ちになる”がブランドコンセプトです。自分が使いたいと思うものを作るのが基本。汚れるのを気にしたり、すぐ壊れてしまうようなものではなくガンガン使えるものを作りたいと考えています。
上原 亜理
ありんこ天国
ありんこ天国の住人を引き連れて、アートマーケットを中心に活動中です。ありんこ天国の住人と暮らす本人はもちろん、周りの人々や赤の他人にいたるまでちょっと笑ってしまう、会話のきっかけになるような、日常の生活に小さなざわめきを起こすものを丁寧に作り続けていきたいです。将来は舞台や映画の小道具や衣装、オブジェなどの制作も目指しています。
竹内 秀典
CounterCraftz(カウンタクラフツ)
2002年に京都市立芸術大学出身の2名で結成。後に(株)アウラ在籍時代の同僚や漆・革・陶磁器など幅広い分野で活躍する作家や職人が加わる。既存のモノに対し、本当にその形や素材等が最善なのかと疑問を抱き続け、それらに新しい素材・アイデア・遊び心等を加えて新たなモノを生み出したいと考えています。これからは「オモシロイ・カッコイイ・スゴイ」と理屈なしで感じられるモノを生み出し、多くの人と分かちあえたらと思います。
梅田 香奈
_cthruit(シースルーイット)
2005年、シルバー素材とのコラボブランドsci-?(サファイ)として活動を開始し、様々なイベントに参加。2008年、ガラスジュエリーに絞った_cthruitに改名、光と輪郭を感じるための道具としてのアクセサリーを、主に透明なガラスで制作しています。作品のフォルムはミニマムでありながら微妙なテクスチャーを持ち、透かす・覗く・影を作るなどの密やかな遊びをこっそり含んでいます。
川瀬 靖子
JOLILI(ジョリリ)
大学卒業後、ファッション関連の会社で仕事をしながら、彫金の専門学校に通いデザインと技術を学びました。シンプルで遊び心があり、コミュニケーションが生まれるアクセサリーがコンセプト。コミュニケーションツールでもある文字を刻印しているのが特徴です。「身に着ける人が幸せになりますように」そんな願いを込めて1点、1点ていねいに手作業で作っています。
竹内 恵美
commemini(コメミニ)
文化服装学院スタイリスト科卒業後、アパレルメーカーに勤務、フランス滞在を経て、2006年よりニットを主体とした小物のブランドcommeminiを展開。懐かしく、温かみを感じさせ気張らず身につけることで1日が楽しくなる商品を目指しています。
PREV 1 2

produced by dream & more co,ltd. copyright © 2009 all rights reserved.