福間 乃梨子
NURI(ヌリ)
福間 乃梨子 NURI(ヌリ)九州産業大学芸術学部デザイン学科在学中にキャンドル作りをスタート。光を透かしたり燃えて消えていったり、形を変えたりするワックス素材に興味を持つ。キャンドル作家の横島憲夫氏に師事し、退社後は京都を中心にフリーで活動を開始。“絵を描くようなキャンドル作り”をコンセプトに、デザイン、パターン、色の組み合わせなどすべてにオリジナリティのある商品を目指す。 「人がキャンドルを灯すときには様々なドラマがある。火は消えても人の心の中に何かあたたかい記憶として残ればいいですね」。尊敬する人は大学教授だった勤勉な祖父。「生涯を通じて傾けられる情熱と日々の努力に自分もそうでありたい、と思います」。
【展開SHOP】

鈴木 愉子
éclosion(エコロジオン)
鈴木 愉子 éclosion(エコロジオン)1996年に雑貨&アクセサリー制作をメインとした「アトリエムーリス」を立ち上げ。 以後ブライダルアクセサリーの販売、ヴィンテージ材料仕入れなどに携わり、2000年10月にオリジナルブランドをスタート。フランス語で“開花”の意味を持つ「eclosion」のアクセサリーは、花や動物、おとぎ話のモチーフをデザインソースに、クラシカルでかわいらしいヴィンテージテイストが特徴。 現在は(株)サザビーリーグ「ノジェス」をメインに、全国計50店舗のショップで商品を展開する。2ndライン「D collection」に続き、2007年1月に新ブランド「Hotel de Sucre」が始動。 「女性が心から癒される上質なモノ、空間を提案し続けたいですね」。
【展開SHOP】

高橋 和恵
LA LUZ DEL GORRA(ラルースデルゴーラ)
高橋 和恵 LA LUZ DEL GORRA(ラルースデルゴーラ)帽子専門学校 「SALON DE CHANPEAU」卒業。在学中から帽子メーカーに勤務し、企画からパターン、縫製生産までを担当。2006年7月に退社し、フリーの帽子作家として活動をスタート。ブランドを立ち上げる。独立後まもなくドラフト!の広告を見て、1つの大きなチャンスだと思い、参加を決意。帽子1つづつにストーリーを創造し、デザインからパターン、製法まで全ての過程は手作業で行う。遊び心のある楽しい曲線を表現し、かつ被り心地のよさも追求。「日常生活で目にする帽子の方が、“ただの帽子”と捉えるよりハッとしたり、気分が高揚したりする。そんな存在であり続けたいと思っています」。現在はレディースが中心だが、今後はメンズラインも展開する予定。
【展開SHOP】

塩田 典子
doro(ドロ)
塩田 典子 doro(ドロ)1980年、熊本県生まれ。 尊敬するステンドグラス作家の母の影響で、 幼い頃からモノづくりが身近な環境で育つ。 「ESMOD JAPAN」夜間モデリズムコースにて服作りを学び、アパレル会社数社を経て2006年よりブランドをスタート。 現在はニューヨークのセレクトショップでの展開と、ミュージシャンの衣装制作と幅広く活躍中。 「doro」はその名の通り「泥」が由来。 手仕事でしかできない装飾をひとつひとつすることで、どこか民族的な泥の匂いを感じるモノづくりがコンセプト。 「多くの人に見て頂きたいという思いと、ステップアップしたいという思いから参加しました。夢はセレクトショップを中心に、販路を増やしていくこと。そしてゆくゆくはdoroの世界観を広く伝えるためにも、インテリアにもこだわったショップをオープンさせたいと思っています」。
【展開SHOP】

中村 新
8knot(エイトノット)
中村 新 8knot(エイトノット)コンセプト系メガネショップで店長、バイヤーなどを経験後、独立。「TRIMPERFOMANCE」のブランド名で3年間活動後、仲間とともに「8knot」を立ち上げる。“地元を愛するノリと笑いのメガネブランド”をコンセプトに、様々なギミックを効かせた多彩なモデルの商品は、身に着ける人の新たなアイデンティティを確立してくれるはず。ブランド名は“八の字結び”のこと。「人と人、自分と別の自分、時間と生活。それぞれのつながりを大切にしたい」という思いが込められている。夢の「全国取り扱い店180店舗以上」達成に向け、関西での取り扱いショップの確立を目指す。
【展開SHOP】

碇山 浩一郎
anchor point
(アンカーポイント)
碇山 浩一郎 anchor point(アンカーポイント)服飾メーカーを経て、2005年に独立。オリジナルブランド「anchor point」を立ち上げる。ブランド名の由来は「商品を見たときに足をとめて見て欲しい」という願いと、自身のブランド=“碇→anchor・ブランド→point”との意味を持つ。デザイン、機能性ともに重視した「長く使ってもらえる商品づくり」がコンセプト。バッグを中心に、2006年から傘のアイテムもバラエティ豊富にラインナップ。「自分の作品をより多くの人に知ってもらうために応募しました。妥協せず、anchor pointらしい作品を作り続ける事が目標です」
【展開SHOP】

PREV | NEXT TOP

produced by dream & more co,ltd. copyright © 2007 all rights reserved.