18ticket
宮田有花
短大を卒業後、雑貨ショップでの作品の販売や、定期的に個展を開催。今回のドラフト!の募集を知り、視野を広げるきっかけになればと参加を決めたそう。素朴な風合いの布を使い、シンプルながらも見ているだけで幸せになれるような遊び心のあるアイテムを展開。

ニホンバレ
一瀬敏子
嵯峨美術短期大学環境デザインコースを卒業。型染工房に勤める傍ら、制作集団「ED-style」に所属。着物の制作などに用いられる伝統的染色技法を取り入れ、若い人たちがもっと身近に感じられる雑貨を展開していきたいという思いからドラフト!に参加。

Anastasia
中務佳世
東京在住。神戸のアパレルメーカーのデザイナーを経て、サロンド・シャポー学院に入学。卒業後にブランドを設立する。“かぶる前より気分が軽くなる帽子”をコンセプトに、コーディネートのアクセントになるような遊び心のあるアイテムを展開している。

ミチル
ヤスナガミチル
服飾系の短大を卒業後、独学で帽子制作を始める。“アタマノオヨウフク”をコンセプトにかわいく存在感があり、かぶると幸せになれるような帽子作りがテーマ。今後はハンドメイド物のほか、企業とのコラボレートアイテムにもチャレンジしたいとか。

PREV | NEXT TOP

produced by dream & more co,ltd. copyright © 2004 all rights reserved.