ドラフト!10 会社概要 参加ショップ デビュー作品

勤めていた繊維会社の退社をきっかけに、活動をスタート。身につけるもの、心躍るものをコンセプトに日常にとけ込むことの出来るアクセサリー作りを目指す。

①「絹糸の持つ色の綺麗さ、繊細さ」
②「素材の組み合わせ、バランス」
③物作りを続けていく上でいいプレッシャーになります。一つひとつの出会いを大切にしていきたい」

素材からモノが生まれる、ごく当たり前の事を大切にしたいという思いで命名。素材の持つ様々な特徴を引き出し、新鮮で温もりのあるアイテムを発表。

①「一つひとつが手作りの為、その表情もひとつずつ違います」
②「驚きや心地よい触感を大切に」
③「様々なテイストのモノを発信するホットスポットのような場所をつくりたい」

「遊び」をテーマに、色や素材感など作り手の遊び心がたっぷり詰まった「u.」のアイテムは、手に入れやすいプライスも魅力のひとつ。

①「自転車とガーデニングからインスパイア。ヴィブラム社のカップソールを起用」
②「楽しみながらつくる」
③「このサンダルを履いてるお客さんを街で見れたら最高。飽きない靴をつくり続けたい」

2011年、学生時代の友人2人で設立。ハワイのラニカイビーチにインスピレーションを受け、プライベートビーチの様な大人の遊び場所をアクセサリーで表現。

①「手作りならではの繊細さ」
②「女性の内面にもアプローチする作品になるように」
③「扉を開いてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱい。末永く愛される様、努力していきたい」

「日常に彩りを」をコンセプトに、技法や素材にとらわれず自由な発想でテキスタイルを展開。

①「手作業でしか出せない生地の魅力を伝えたい」
②「色合い」
③「商品を作りあげるという一連の流れを体験することができ、とても貴重な経験になりました。これからも自由な発想のテキスタイルを作り続けたいです」

「より多くの人にアートと触れてほしい」という強い思いをきっかけに、2004年「aura・loco」を設立。

①「丁寧に仕上げたシルバーと絹糸を組み合わせた唯一無二のアイテム」
②「ほぼ全ての行程を手作りで。いろんな感覚・触覚などを思い出せそうなフォルムや手触りになるよう工夫」
③「制作・活動の幅をさらに広げ、デザインとアートの中間領域を独自の方法で開拓していきたい」

仕事にもプライベートにも充実を求める大人の男性に、着心地の良いリラックスしたビンテージカジュアルウェアを提案。

①「ビンテージ感溢れるこだわりの独自の色合い」
②「自然なビンテージ感と着心地・肌触りの良さ」
③「これをきっかけに日本の物作りを盛り上げたい。取り扱い店舗、バリエーションをもっと増やしたい」

2011年、「ドラフト!」のポスターを見たのをきっかけに、ブランドを設立。「日常を非日常に」というコンセプトには、ありふれた日常を楽しく生きてほしいという意味を込めたもの。

①「線」
②「線と空気感に特にこだわっています」
③「まずは”やったー”という気持ちでした。目標は、自分の作品がMOMAのコレクションに加わること」

自分の作りたいモノが作れるようになってきた、と2010年に始動。自然をテーマにアウトドアやネイティブアメリカンをモチーフにしたアクセサリーブランド。

①「カラビナとピッケルの形をしたシルバーの留め具、オイル加工をした水に強いレザー」
②「自分の色を出す」
③「素晴らしいチャンスに恵まれました。自分のお店を持ちたいです」