個人情報の取扱いについて サイトマップ

神戸スタイリッシュデイ

ホーム ≫ 2013年 40周年記念事業 ≫ 神戸スタイリッシュデー ≫ 石田洋服店

 石田洋服店からの『おすすめスタイル』

コートの色を変えてみよう。

男性の冬のオーバーコートの色は、どうしても暗めのネイビーブルー、グレー、黒が主流ですね。
多分、一着目はフォーマルにも対応できるこれらの色を揃えますが、ぜひ、二着目はベージュやモスグリーンなど違う色にしてみましょう。
なんといっても、アウターの色が明るいと、気分も明るくなり、マフラーなどとのコーディネートも楽しめますね。
色が明るいと寒々しい? 温かみのあるウールなど獣毛系の素材だと、大丈夫です。

しかもこれらの明るめの色のコートは、カジュアルな着こなしにも利用できるので、お休みの日もセーターの上にも羽織ることができる便利ものです。

ちなみに、ヨーロッパでは、オーバーコートとレインコートは全く違うアイテムです。

コットンやナイロンなどのぺらぺらのものは雨降り用のレインコート。真冬にコットンのコートは、晴れた日に傘をさして歩くようなものです(笑)乾燥した日本の冬には、ウール系のコートが絶対に似合います。

ところで、当店のHPでは、様々なコート画像を掲載しています。
ほとんどのものが当店にてご試着が可能ですので、参考にしていただけましたら幸いです。
http://www.oshitate.com/fabric/anticipatory/feature_of_overcoat/all_of_coat1.htm

スーツの色にこだわる。

  • 冬のスーツは一般的にネイビーやグレーが多いのですが、思い切ってブラウンはいかがでしょうか。ただし、普通の赤っぽい茶色にすると、コーディネートするシャツやネクタイも一新しなくてはならないので、おすすめはグレーイッシュなブラウンです。ちょうど、グレーとブラウンの間ぐらいの色目で、ブラウン初心者にも安心です。一般的に、茶系とブルー系は非常に相性がいいので、手持ちのシャツやネクタイがそのままお使いになれます。写真のようなチェック柄だったら、ジャケットとしての使い方もできるので、すごく便利です。色は、原色にグレーを加えることで「彩度」が低くなります。ネクタイなど周辺アイテムは彩度の合っていればどんな色でもコーディネートが可能です。 写真では、前述のグレーイッシュなブラウンのベストを合わせています。



  • スーツお仕立上がり価格    ¥110,000~
    (税抜・仮縫付)
    ※写真の生地は、当店オリジナル の服地ですが、すでに売り切れて おります。悪しからずご了承ください。


  •  

冬のジャケットスタイル

  • 冬は、コートやマフラーなど、着用するアイテムが増えるので、おもいっきりお洒落を楽しめますね。その中で、ジャケットは、お洒落をするための重要なアイテムであるばかりでなく、温度調節をしやすい便利なものです。セーターなどに比べると脱ぎ着も楽ですし、なんといっても相対する相手の印象もぐっとよくなります。レストランでも良い席に案内してもらえそうですね。また、パンツの色や素材を変えるだけで、全体のイメージが簡単に変えられるので非常に便利です。出張や旅行では、ジャケット一着に対して、ウールのパンツと、デニムなどカジュアルパンツなどを持参すると、オンとオフ、昼と夜の両方に対応できます。ジャケットにもいろんな素材やスタイルがあります。TPOやその日の気分で色々と楽しんでください。

  • ①大胆なタータンチェックのジャケット
    ジャケットお仕立上がり価格    ¥72,000~ 
    (税抜・仮縫付)
    マフラー (ベビーカシミア)    ¥24,000(税抜)
    冬に「寒色の温かみのあるツイード」は新鮮ですね。このような大胆のチェックのジャケットには、「ドレスダウン」が似合います。サラッとしたグレーのウールのパンツをはくよりは、デニムやコーデュロイ、モールスキンなどのカジュアルなパンツと合わせるのがお勧めです。キーポイントは靴です。軽いスニーカーではなく、ちょっとボリューム感のあるブーツやしっかりとした革靴を合わせることにより、全体のバランスが取れます。インナーもジャケットとのバランスを考えると、ウールのネクタイやざっくりとしたタートルネックのセーターもいいですね。この手の生地はかなり厚手ですので、冬でもマフラーだけで軽快に。その際に革のグローブは必須アイテムですね。

  • ②CPOジャケット(シー・ピーオージャケット)
    ジャケットお仕立上がり価格    ¥150,000~ 
    (税抜・仮縫付 但し、この生地はすでに売り切れです。)
    シャツお仕立上がり価格    ¥23,000税抜)
    普通のジャケットとは違う、このようなカジュアルタイプもお勧めです。カジュアル感から言うと、ブルゾン・ジャンパーと通常のジャケットとのちょうど中間に位置し、ちょっとした近場へのお出かけや旅行には非常に便利です。 このようなジャケットの着こなしのコツは「ドレスアップ」です。カジュアルなジャケットにあえてベストやネクタイを合わせることにより、人とは一味違ったコーディネートになります。靴はカジュアルなものでも大丈夫ですね。前述のように、茶系とブルー系は相性がいいので、ダンガリーのシャツも コーディネートが可能です。このジャケットはCPOジャケットと呼ばれています。CPOとは、Chief Petty Officer、アメリカの海軍の下士官のことで、文字通り、下士官が着用するジャケットのデザインが基になっています。

  • ③カシミアダブルジャージージャケット
    ジャケットお仕立上がり価格    ¥260,000~ 
    (税抜・仮縫付)
    シャツお仕立上がり価格    ¥24,000 (税抜)
    アスコットタイ    ¥6,000 (税抜)
    素材的にはカジュアル、但し色柄はオーソドックスなジャケットは、「ドレスアップ」、「ドレスダウン」とも可能で非常に便利です。 靴は革靴がよさそうです。 これは非常に珍しい、カシミアのニット生地によるジャケットです。 裏表の編み組織の違ういわゆる「鹿の子」編みのダブルジャージーで遠目には通常の布帛のように見えるため、タイドアップをしてフォーマルな着こなしも可能です。 ニット特有のストレッチ性を最大限に引き出すため、非構築的なアンコン仕立てにしています。 ニット素材はしわも寄りにくいので、旅行にはぴったりですね。 やはりカシミアは体にまとわりつくので、本当に暖かいです。 襟を立てれば、ブルゾンっぽい着こなしもできます。


  •  
  • ご注意:数に限りがある商品もございます。売り切れの際はご容赦ください。

石田原 アドバイザーからのコメント

近代洋服発祥の地、神戸には、紳士服飾のそれぞれのアイテムの 専門店が揃っています。
当店でも、スーツ、ジャケット、コート、シャツ、靴、ベルトなどのオーダーが可能です。
スーツやジャケットの生地見本は数千点ありますので、お気に入りの色柄やデザインをお探しください。また、スタイルにつきましても、お気に入りの写真などがありましたら、是非お持ち 下さい。
また、周辺アイテムであるオリジナルのネクタイやポケットスクエアは すべてイタリア直輸入のオリジナルです。

logo

 石田洋服店
 

住所:〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9 

神戸ファッションマート 1階

電話番号:078-854-9701
FAX番号:078-854-9702
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:水曜(ただし祝日は営業)
HPアドレス:http://www.oshitate.com

[ 参加企業リストに戻る ]

ページの先頭へページの先頭へ

公益財団法人神戸ファッション協会

〒650-0046兵庫県神戸市中央区港島中町6-1神戸商工会議所会館6F
TEL:078-303-3123 FAX:078-303-3122